学校の行事で利用するだけでなくオリジナルtシャツには意外な使い道がたくさんあります。オリジナルTシャツ作成を思い出に!

オリジナルTシャツといろんなグッズ

ただオリジナルTシャツだけを作るというのではなくて、その他にエプロンやバッグ、パーカー、タオルなどのグッズにも独自のデザインを施したいという事もあるでしょう。

その場合には、オリジナルTシャツだけ単体でデザインを考えるのではなくて、コーディネートした時にどう見えるか、という事も考えたいですね。

選ぶグッズや色も需要ですね。

ロゴをそれぞれのグッズに入れる事が多いかと思いますが、大きさや場所に注意したいですね。Tシャツにロゴがあっても、エプロンをすると隠れてしまう、などという事も出てくるかと思います。

個別のグッズにおけるデザインをよく考えるという事はもちろんですが、全体としてどうかという事も意識したいですね。

追加注文をしたいオリジナルTシャツ

これまでに一度注文したオリジナルTシャツと全く同じデザインで追加注文をしたいという事もあるかと思われます。シルクスクリーンによるオリジナルTシャツであれば、版を保管しておく事によって、追加注文があった際に同じ物を利用する事ができます。

オリジナルTシャツを注文する際に、追加注文の可能性があれば、版を保管してもらうといいでしょう。オリジナルTシャツを提供している会社の中には、版の保管に費用がかかる場合もある様です。制服としてオリジナルTシャツを使う場合には、後で新しい社員がやって来た際には、追加注文する必要があるかと思われますので、その際の事について考えておくといいでしょう。

ボトムと同時に作るオリジナルTシャツ

ただオリジナルTシャツを作るだけであれば、上だけですので、ボトムを同じデザインで作ると上下を揃える事ができるかと思われます。また、オリジナルTシャツは半袖の場合には夏だけの利用となる事もあるかと思われますので、冬に向けてオリジナルTシャツと同時にパーカーなどを作成するのもいいかと思われます。

オリジナルTシャツやその他のグッズを作る事によって、全身同じアイテムで統一する事ができるでしょう。オリジナルTシャツを作るのであれば、ぜひその他のアイテムを同時に作ってはどうでしょうか。また、タオルや帽子などを一緒に作る事もできます。かなり用途は幅広いのではないかと思われます。

クールビズに適したオリジナルTシャツの素材とは

クールビズでは、ジャケットやネクタイの着用を省き、ポロシャツあるいはTシャツ1枚だけといった着こなしも多くなります。こうしたシーンでも、機能素材を用いたオリジナルTシャツなら着ていても快適に過ごすことができます。

クールビズに適した素材としては、汗をかいても吸汗速乾性を備えたポリエステル100%素材や、メッシュ調の生地で汗を外へ逃がすドライ素材などが人気です。このような素材で作られたオリジナルTシャツなら、速乾性だけでなく伸縮性にも優れたものがあるので、着心地も快適でサラッとした感触をキープできます。

オリジナルTシャツ作りのポイントについて

オリジナルTシャツを作成して行くなかで、さまざまなアイディアが浮かぶ場合には、催事を一緒に開催する仲間に相談する事はもちろんのこと、Tシャツ作成業者にも相談することをおすすめします。

Tシャツの業者に相談することで、具体的なシミュレーションを出してくれたり、良きアイディアをくれたりする場合もあります。一人で考えるには限界がありますので、そのようなさまざまな人達から、良きアイディアをもらうことが大切になります。また、色見本やカタログを取り寄せてみることも、具体的なアイディアにつながりますのでおすすめです。

Tシャツ作成に関する記事

学園祭でオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから