学校の行事で利用するだけでなくオリジナルtシャツには意外な使い道がたくさんあります。オリジナルTシャツ作成を思い出に!

結婚式などのイベント

お祝い事にはぜひ利用したい

家族や親戚または友達や知人が結婚したり、子供が生まれたりした時には何か祝いのプレゼントを贈る事もありますね。そこで、どんな物を贈ればいいのかと悩む人も多い様です。

オリジナルtシャツ作成を利用して祝いの気持ちを形にしてプレゼントする事もできます。場合によっては、デザインの中に写真を盛り込む事ができる場合もあります。

またオリジナルtシャツだけではなく、バッグやタオル、マグカップなど利用しやすい小物にオリジナルのデザインを施す事ができますので、きっとどんな人でも利用しやすいのではないでしょうか。

まさに祝い事にはピッタリですね。

贈られる人の事も考えよう

自由にデザインを考える事ができますが、贈られる人の事もしっかりと考えましょう。記念でもらった物は使い勝手に関してはあまり良くない事もあります。ですので、ただ飾っておくだけではなく、日常的に使う事ができる物であればベストだと言えるでしょう。

また、デザインを考える時にもあまり派手にしすぎるよりは、少し落ち着いた物の方が使いやすい事もあります。やはり、せっかくオリジナルグッズ作成を行って大切な人にプレゼントするなら、喜んで使ってもらえる物がいいですね。

自分が使う立場に立って考えてみると、デザインを考える時に参考になるかもしれませんね。

オリジナルTシャツのデザインの入稿方法

オリジナルTシャツのデザインを入稿する場合、デジタルかアナログかで大きく変わってきます。デジタルでは、デザインのデータを、オリジナルTシャツを受注する会社の専用ページを使って送る方法やメールに添付する形で送る方法が一般的です。

会社によって、データの容量や画像形式に制限がある場合もありますが、手間や費用がかからないのがメリット。アナログでは、手書きのデザインをファックスや郵送で送ります。手書きの雰囲気が残せるなど、デザインのオリジナル性が高いのが魅力ですが、入稿に時間がかかることがあるので、時間に余裕をもって送りましょう。

オリジナルのTシャツ作成時に起こり得る失敗とは

文化祭のクラスTシャツや部活のユニフォームなどで、オリジナルのTシャツ作成をするということはよくあることです。みんなの意向を取り入れて、センスの良い代表者がデザインして、納得して作ったのに出来上がってきたらいろいろ失敗点があったということも少なくありません。

そうならないためにオリジナルTシャツ作成で、まず、気をつけなくてはいけないことは、色のバランスや発色のチェックです。せっかく格好いいロゴやかわいいイラストを作っても、思い通りの色が出なければ目立たなかったり、センスが悪くなったりしてしまいます。

ここは、本注文に入る前に入念に打ち合わせしたいところです。プリントの入る位置も同様に、着た時をイメージして決めることが大切です。また、サイズの確認も忘れてはなりません。サイズは業者によって差があることが多いので、きちんと確認しないと届いてから着られないということになりかねません。独自に作ったものは、サイズ交換ができないのが一般的なので、事前にサンプルを取り寄せるなどして確認しましょう。

オリジナルTシャツの内容について

パソコンやプリントでの技術が発達し、誰でも手軽にオリジナルのものを作れる様になりました。オリジナルTシャツを作成するケースは、学校行事やイベントごとなどで作成することが数多くあります。

また、個人においてもオリジナルのものを作りたい人にとって、1枚からの対応をしてくれますので、手軽に実現することができます。インターネットなどでは、多くの業者を見かけますが、ポイントとしてはそれぞれの業者において得意とする部分や、デメリットな部分がありますので、しっかりと確認したうえで依頼していくことが大切になります。

学園祭でオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから