学校の行事で利用するだけでなくオリジナルtシャツには意外な使い道がたくさんあります。オリジナルTシャツ作成を思い出に!

オリジナルTシャツのプレゼントはカラーは白が無難です

オリジナルTシャツを作って世界に一つだけのものをプレゼントしたいと考える人は多いでしょう。 友人の誕生日へのプレゼントや結婚式での出し物にお揃いのTシャツを着たり、出産祝いにプレゼントされる方もいらっしゃいます。

男性なら黒や青、女性ならピンクのイメージがあると思いますが、好きな色は人それぞれです。 特に普段Tシャツを着ようと思うとカラーの濃いTシャツは他の洋服と合わすのがとても難しくなってしまいます。 ですからオリジナルTシャツをプレゼントするなら、男女問わず何にでも合わせられる白色をお勧め致します。

オリジナルTシャツは専門の制作会社で加工する

オリジナルTシャツは、学校や企業など、集団として作成することが多くあります。理由としては、同じカラー、デザインのTシャツを着ることで、集団の士気や連帯感を高めようといった意味合いがあります。

加工については、オリジナルTシャツ制作会社で一括で依頼することが出来ます。生地や文字の色、文字の字体を決めていきますが、制作会社によって「最低10枚以上~」などの制約を設けているところが多いようです。価格は文字数や大きさによっても左右されますので、予算を制作会社の担当スタッフに伝え、よく打ち合わせておくことが大切です。

オリジナルTシャツのデザインデータを入稿

オリジナルTシャツを作りたいけど何から始めれば良いのかわからず手順に迷われる方は多くいらっしゃいます。業者によって違いますので依頼先の説明をしっかり聞いてください。オリジナルで作成する際自分の思い描いているデザインを作成します。

もしくは写真を撮ってきてそのデータを業者に入稿して作成してもらう方法もあります。その際に気を付けたいのは画質です。鮮明度が良くないとプリントした時にぼけてしまいせっかくのオリジナルTシャツが台無しになってしまいます。その為携帯などの画質が良くないもので撮影したものではなく、デジタルカメラなど画素数が高く鮮明な画像を使用する様が納得いくTシャツが仕上がります。

オリジナルTシャツの版権問題について

オリジナルTシャツを作成するにあたり、著作権や肖像権などの版権については事前に確認しておく必要があります。全てのキャラクターやデザインには著作権があり、全ての人物には肖像権があります。

権利者の許可を得ずに使用してしまった場合は刑罰が与えられる場合があります。親告罪ではありますが立派な犯罪にあたります。例え個人で使うために作ったオリジナルTシャツであっても同じことです。

オリジナルTシャツの制作会社も版権には厳しく対応しているところがほとんどです。必ずオリジナルのデザインを用意するか、許可を得てから使うようにしましょう。

注目したいオリジナルTシャツ

オリジナルTシャツは飲食店のユニフォームや、イベント開催時のキャンペーングッズ、広告マーケティングなどに利用されており、目的に応じて作成することが可能です。アパレルショップで専門的に取り扱われている店舗が存在していたり、インターネットショッピングでのオーダー購入が可能となっていたりするなど、気軽に活用できるシステムが整っています。

カラーやサイズも数多くのバリエーションから選ぶことができるだけでなく、自分でデザインしたロゴなども取り入れることができます。強いこだわりを入れたい場合も難しい作業を行う必要がありません。

オリジナルTシャツの内容について

オリジナルTシャツを作成するにあたって、譲れないポイントなどがある場合には、依頼する業者を決める場合に、しっかりと問い合わせし決定することです。インターネット上には、多くの業者を見つけることができます。

デザインに迷っている場合には、業者によってはデザイナーが所属していますので、デザインしてもらうことも可能になります。さまざまなアイテムを作成できますので、団体に関わらず個人でも作ることができます。具体的なデザインやアイテムが決定した場合には、依頼する前に見積もりをお願いし判断することが可能になります。

オリジナルTシャツに関する記事

学園祭でオリジナルTシャツ作成する前に詳細をチェック!オリジナルTシャツ作成のお問い合わせはこちらから